CPUなどの温度を表示 「Open Hardware Monitor」の使い方

CPUやグラボ、ハードな使い方をしていればかなり温度が上がるものです。
ケースによっては通常使用で高温になることも。

そういった場合はCPUクーラーを交換したり、ケースのエアフローを考えたりするわけですが、温度が分からないことには対策しようもありません。

今回はフリーソフトのOpen Hardware Monitorを使って温度を表示してみます。

ガジェット1

デスクトップにガジェットを表示することもできます。

スポンサーリンク

Open Hardware Monitor ダウンロード

Open Hardware Monitor ダウンロード先

イメージ014

こちらからダウンロードしたZIPファイルを解凍。

インストールは必要ありません。単独で起動します。

Open Hardware Monitorの使い方

ガジェットの表示

OpenHardwareMonitor.exeをクリックし起動。

イメージ015無題

ViewタグのShow Gadgetをクリック。

するとガジェットが現れます。

gajyetto

このままでは何のことかわかりませんので次の作業へ。

ガジェットに情報を追加する

このソフトでモニターできる主なものは

  • CPU電圧
  • CPU使用率、クロック周波数
  • CPU温度
  • CPUファン回転数
  • メインメモリ使用量
  • GPUクロック、温度、メモリ
  • HDD、SSDの使用率と温度

等です。

これらの表示したい情報を追加します。

モニター

追加したい項目を右クリックしShow in Gadgetを選択。

ガジェット1

すると、ガジェットに追加されます。

renameで各項目の名前を変更できます。

この要領で追加していくと。

gajetto2

こんな感じになります。

ガジェットを右クリックすると。

モニター2

大きさを変更したり、常に前面に表示したりを選択できます。

最後にご注意

kesu

↑の右上の×をクリックするとガジェットも消えてしまいます。

このウインドウを消すにはガジェット自体をダブルクリックしてください。

消えるはずです。

 

このソフト、表示できる項目が多いです。

自分のパソコンの状態を一目で見ることが出来るので大変便利です。

オススメです!

コメント